トップページ >  酵素ドリンクの成分 >  酵素ドリンクの製造方法

酵素ドリンクの製造方法

酵素ドリンクを選ぶ際に重要なポイントの一つは、製造方法です。
酵素をなるべく低温にしたうえで自然発酵させる製法が理想です。

発酵させるための熟成期間が長いほうが、なんとなく良さそうな気がしてきますが、
熟成は長ければ長いほどいいというものではありません。
それぞれの素材に合った熟成期間で、職人などのプロの監修がきちんとしていることが重要になります。

むしろ、チェックすべきなのは製造の際の加熱度です。
一般に酵素は熱に弱く、80℃を超えると死んでしまいます。
しかし食品衛生法によって、清涼飲料水を販売する際には85℃以上の加熱殺菌が義務付けられています。
そうなると、ほとんどの酵素ドリンクは意味をなさなくなってしまいますよね。それを根拠に酵素ドリンク購入を迷っている方も多いですし、加熱度を非公表にしている酵素ドリンクも多数あります。

実は、ドリンクのpH(酸性・アルカリ性の程度)によって、定められた加熱殺菌の基準は違います。
pHの数値によっては、加熱度が70℃でも基準をクリアできるものもあるのです。
低温殺菌を徹底している酵素ドリンクなら、酵素が死滅することなく、安全に飲用することができますね。

熟成は、長さよりも質
法律に従った85℃の加熱殺菌では酵素が死んでしまう
70℃でも衛生基準をクリアできるドリンクもある