酵素ドリンクのおすすめは、成分比較で一番良いもの!

酵素ドリンクを選ぶなら、成分が一番いいものを選びましょう。

ファスティングダイエットにベストな酵素ドリンクを選ぶには、成分の比較が重要です。

酵素ドリンクならどれでも同じようにダイエット効果が期待できるわけではありません。
中には効果が疑わしいもの、着色料などの添加物が含まれているドリンクもあります。

原材料や成分を比較すれば、酵素ドリンクの本当の効果・効能がわかります。
当サイトでは、多くの酵素ドリンクの成分を鑑定しています。
つらい断食を無駄に終わらせないためにも、酵素ドリンクを正しく選びましょう!




多くの酵素ドリンクを成分評価しています!(下表は一例です)


原材料
(2点)
製造方式
(1点)
加熱度
(1点)
果糖/砂糖
(2点)
添加物
(2点)
価格
(2点)
総評

たっぷり酵素

60種類

1年以上の年月をかけてじっくりと醗酵

不明

砂糖あり

なし

8600円


野草酵素ドリンク 酵素八十八選

88種類

大釜で抽出、発酵2~3週間、熟成1年~1年半

不明

砂糖あり

なし

15000円


毎日酵素

16種類

ココナッツ液により砂糖不使用で製造

不明

なし

なし

12000円

当サイトでは、上の比較表のように原材料の種類、製造方法、果糖・砂糖の有無、添加物の有無に着目して成分評価しています。続けやすさに関わるため、価格も考慮して20種類以上の酵素ドリンクを採点しています。




良い酵素ドリンクがファスティングダイエットを助ける!

ファスティングダイエットは、一定期間の断食によって体をリセットし、代謝を高めていくという方法のダイエットです。実行が簡単なことや、効果を実感しやすいことから、近年人気を集めています。
ファスティング(=断食)をする期間は、基本的に固形物を食べません。しかし、水分や最低限のミネラルなどは生きていくために必要です。
それを補うためには、酵素ドリンクがベストです。

酵素は、食べ物の消化や吸収を助けるという大事な働きをもっています。本来は体内でも生成できるものですが、食生活の変化によって、現代人は常に酵素不足になっているといわれています。不要なものを溜め込みやすくなってしまった体を正常に戻していくために、酵素ファスティングが有効なのです。
このとき、酵素ドリンクならどれを飲んでも同じというわけではありません。当たり前ですが、それぞれ原材料が違うということは、効果も違ってくるということ。
酵素の種類が多く、砂糖や添加物のないドリンクを選びましょう。


酵素ドリンクを賢く選ぶには

ファスティング飲料として販売されているもののなかには、濃縮果汁に酵素をほんの少し足しただけ、というものも出回っているようです。
酵素ドリンクは、発酵エキスが主成分でなければ意味がありません。また、最低でも1年以上の発酵期間が必要です。製造法を公表していないドリンクは、避けたほうが無難でしょう。
その他にも、保存料・着色料などの添加物や、果糖・砂糖が含まれているものは、かえって健康に悪い場合もあります。

酵素の種類が多い
1年以上の発酵期間
果糖・砂糖なし
無添加

酵素ファスティングが目的でなくても、健康のためにこれらの項目には注意したいところです。体にいい成分・悪い成分を見極めて、上手に酵素ドリンクを選びましょう!


以下の表では、これらのチェックポイントを加味して酵素ドリンクを評価しています。





酵素がダイエットや美容に効果的な理由


酵素は主に野菜や果物から摂取できる成分であり、体内の代謝を高める効果があるので脂肪燃焼などのダイエットに効果的です。
また成分にはビタミンミネラルがたくさん入っているために、美容にも良い成分が同時に摂取できるという点も見逃せません。

飲み方としてもダイエットに効果的なものがあり、それが置き換えダイエットです。

酵素系の商品の多くは酵素ドリンクとして売られているのですが、これを食事と置き換えることによってカロリーカットをしながら適切な栄養素はしっかりと摂取できるため、ダイエットに非常に効果的なのが人気の秘密なのです。

酵素ドリンクに関しては炭酸割りなどにしてさらに腹持ちを良くしたりする方法もあり、味も最近のものはとても飲みやすくなっているので、酵素ドリンクはダイエットや美容を目指している女性に人気なのです。


砂糖や添加物入りの酵素ドリンクはダイエット効果が低くなる


酵素ドリンクの中には、酵素以外にも色々な成分が配合されていて、酵素の効果を高めてくれます。
しかし、余計なものが配合されている場合があり、それによって体重を減らすことができない可能性もあります。
成分によってはダイエットに向かない可能性もありますので、しっかりと確認しておかなければなりません。

注意しなければならないのは、砂糖のように体重を増やしてしまうものです。
普通のジュースによく配合されている果糖ぶどう糖液糖は、消費されず中性脂肪になってしまいます。

このような糖分は本来酵素ドリンクに配合するべきではありませんが、より甘みを持たせておいしく利用してもらいたいと考えているメーカーが導入していることがあり、表記されていないこともあります。
甘みが強いものは、砂糖が配合されている可能性もあるので成分表を確認しましょう。

もう1つ注意が必要なのは、添加物になります。
ここでは主にスクラロースなどの合成甘味料が該当します。

砂糖と違ってカロリーが低いですが、副作用の危険性が指摘されています。
また、満腹感を得にくくなるデメリットもあるようです。

また、香料も無害なものがほとんどですが、自然に存在しない合成香料もまとめて「香料」と表記しているため、注意が必要です。

体重を減らしたいのに、甘くするために余計なものを配合したことによって、逆に体重が増えてしまうこともあります。砂糖や甘味料のような添加物の入っていない酵素ドリンクを選びましょう。
「原液100%」などの表示があるものが安心ですね。


ファスティングやプチ断食ダイエットを成功させるコツ


ファスティングや断食と呼ばれるダイエット法は、食事を抜いてカロリーのコントロールを行ない、わかりやすく体重を減らしていくことができます。

しかし根本とする所が極端な食事制限にある為一時的に体重が落ちても、食事スタイルを元に戻せばすぐにリバウンドしてしまったり、栄養のバランスが偏って体を壊してしまうという失敗も起こり得、油断がなりません。

食事量を減らす系のダイエットを成功させるコツは、無理しすぎないことにあります。
食事を抜く回数を最小限にし、体に影響を与えないよう計らいつつ減量を目指していきましょう。

ファスティングや断食のルールは食事を断つことにありますが、慣れないうちは完全に決まりに沿うことはありません。
一日一回、より大きな効果を求めるなら二回と、一食を一単位として考えた上で食べないことを選択するだけでも、摂取カロリー数を落とせ減量が目指せます。
朝は食べないけど昼食はしっかりと口にする、といったリズムで行うプチ断食も十分にありなのです。

断食とするからには食事は完全に抜きたいという人は、一週間の内週末の二日間だけと、無理ない範囲で制限をかけていくようにして下さい。

唐突に食を断つのではなく、断食を計画する前日から脂ものや味の濃いものを避けるようにして、体を徐々に慣らしていくのがコツです。

ファスティング中も水分は必ず摂るようにし、空腹が過ぎて体調不良を感じるようなら、重湯などを口にして体調の悪化を防ぎましょう。
水分補給するなら、普通の水はもちろん、酵素ドリンクもお腹に溜まっておすすめです。
このとき、コーヒーや清涼飲料水などは避けるようにしましょう。


40種類以上の酵素ドリンクを一目で比較!成分の成績表はこちら